保育者研修(芸術教育学校)

継続学習のすすめ 通える!研修プログラム

夏の芸術教育学校 7月〜8月

幼稚園教諭、保育士、子育て支援に関わる方等、年間約5,000名が子どもの表現活動、遊び、心理、福祉文化などを学ぶ講座を、東京(中野サンプラザ)、大阪(天満研修センター)、福岡(福岡県中小企業振興センター)等で開催。

保育の実践講座の様子

お申込み方法

春の芸術教育学校 セミナー&フォーラム 2月

芸術教育の会の会員や絵画指導スペシャリスト、インストラクターの継続学習のための1日目と、2日目は「絵画」「造形」「表現遊び」「おもちゃ」の各分野の日頃の実践報告をもとにさまざまな角度から研究しあう「子ども表現活動アートフォーラム」を開催します。子どもと直接向き合っている保育者からの多くの実践を共有し合い、研究者や専門家からのアドバイスにより、1年の振り返りと共に翌年度への活力を得る学びの場になります。

1000枚の作品展の様子

お申込み方法

信州芸術教育学校 主催:長野やまなみ芸術教育の会 5月or6月

初夏の信州

 芸術教育研究所・高齢者アクティビティ開発センター・認定NPO法人日本グッド・トイ委員会が協力して行うスタディツアーは、保育者や高齢者福祉にかかわる方、おもちゃコンサルタントそれぞれの分野の専門家が一緒に楽しみ、学ぶツアーです。現地で活躍されている人々との出会いや交流・体験がいっぱい。観光旅行では味わえない感動の旅になります。

対象

  • 芸術教育の会会員・
    おもちゃコンサルタント
  • おもちゃ学芸員
  • アクティビティディレクター
  • アクティビティインストラクター

ページ上部へ戻る