芸術教育研究所

1957年に設立され、小学校の教師や保育者などとともに
子どもの絵画・工作・遊びなどの表現教育について
約50年にわたって実践研究をしてまいりました。

芸術教育の会は、絵画や造形などの芸術活動を通して、子どもたちの感性を豊かにするために、保育者や教師が学びあうネットワークです。「実践」「研究」「発表」をとおして、指導者としての自分自身の力を高め、日ごろの実践に役立つ相互交流を進めていきます。

「芸術教育の会」入会費

個人会員:3,000円/団体会員:10,000円(1口4名分)郵便振替番号:00140-2-48828(芸術教育の会)

※入会時年度内4〜3月に納入・4月更新

※園や施設などで団体会員として申込みを希望される場合は1口4名分の特典を受けられます。

ご入会方法

新規でご入会いただいた方への会員特典

  1. 受講料の割引 「春の芸術教育学校」「信州スタディツアー」 「夏の芸術教育学校」など
  2. 5%割引 芸術教育研究所関連出版物・おもちゃなど
  3. 定例実践研究会への参加
  4. アートフォーラムで 実践作品を発表
  5. 研究誌 『芸術教育』贈呈 (年に1回発行)

活動内容

ワンランク上の絵画指導のプロを養成

2006年からスタートした「絵画指導スペシャリスト」の有資格者も約100名になり、全国各地の幼稚園・保育園で質の高い絵画指導が展開されています。スペシャリスト資格者が「園に一人」いますと絵画の実践や発表会が大きく変わります。

「春の芸術教育学校」の開催

アートフォーラムでは全国から集まった会員達の実践した絵画・造形作品を約1000点鑑賞できます。グループに分かれて指導の様子を発表し合うことで、実践者同士が経験を共有し、視野を広げます。

「春の芸術教育学校」の開催

「信州芸術教育学校」の開催

絵画、造形、演劇遊び、音楽、絵本、自然など幅広いコースに分かれ、信州の大自然のなかで学習する宿泊研修です。美術館でのレクチャートークや数々のワークショップなど盛りだくさんのプログラムが用意されています。

「春の芸術教育学校」の開催

定例実践研究会の開催

保育園、幼稚園の先生が中心になり、日頃の実践作品を持ち寄り、作例を見合いながら絵画や造形指導の具体的な方法を学びます。

研究誌『芸術教育』にあなたの実践も掲載

アートフォーラムなどで発表された会員の実践が、写真付で研究誌に掲載されます。日々の実践の記録を確実に残すためにも、あなたの園での活動を積極的に発表しましょう。

ご入会方法

申込み
メールでの申込み
ご入金
お申込みと同時に 年間会員費を お振込いただきます。
完了
申込み内容と会費納入の確認が済み次第 会員証をお送りいたします。 会員証が領収証となります。

ページ上部へ戻る